• 春のかたみ——元ちとせ

    空を埋める花のいろ
    うつりにけりなわが恋
    やがてすべてが過ぎ去るあとも
    あなただけを想う

    いつか春の夕まぐれ
    初めて口づけした
    幻のような香りの中で
    あなただけを想う

    求め合った哀しさよ
    降りしきり包んでよ
    前も見えず、息も出来ず
    あなただけを想う

    儚い春のかたみには
    いちばん綺麗なわたしを
    あなただけに、あなただけに
    とどめたいと思う

    舞い踊る花の宴 月は止まったまま
    もうおそれも戸惑いもなく 流れゆくまま

    あなたの胸にこの身を任せ
    私は死んでいこう

    前も見えず、息も出来ず
    あなただけを想う

    やがてすべてが過ぎ去るあとも
    あなただけを想う

    ああこの声が聴こえますか
    あなたを想う声が